基本的に自転車通勤では出発地点と目的地は日によって変わることはないですよね。
あなたは毎日同じルートを走る派でしょうか。それともちょくちょく走るコースを変えてますか??

もちろん、ブラッシュアップされた最適なルートで無心にペダリングするのもいいけれど、それだけではちょっとつまらない。タイム短縮ぐらいしか楽しみがなくなってしまいます。

自転車の強みは、歩きにはない機動力があることと、車や電車よりも小回りが利くこと。同じ目的地に到着するのでも、いろいろなコース取りを考え易いです。

とにかく自由に通勤ルートを変えられることも自転車通勤の大きなメリットの一つです。

そうした楽しみをぜひ伝えたい、そんな想いで記事を書いていきます。

どんな面白さが待っているか、そのポイントを私の場合の例と一緒に見ていきましょう!


スポンサーリンク


たまには違うコースを走ってみよう

  • 思い付きで角を曲がってみたり、気になるところがあれば立ち止まる。
  • ちょっと遠回りになって時間がかかっても気にしない。

そんな感じで自由に走ればきっと新しい発見があります。
自転車でちょっと寄り道をするだけで、単調な毎日にアクセントが添えられることもあります。
  • 朝早くから営業している八百屋さんのニンジンがうまそうだったとか
  • 消防署の朝のトレーニングが大変そうだったとか
  • あの植え込みの陰にいた子猫がめちゃめちゃ可愛かったなとか

何気なく通った道でも、何か印象に残ることがあれば後々まで覚えていたりするものです。

街と街を面のつながりとして実感することができる

電車でも、定期だったらいくらでも途中下車できて、寄り道をすることができます。
でも、ぶらつくとしても普通は駅から歩ける範囲に限られますので、行動範囲は駅と駅という「点のつながり」という印象です。

クルマは自由ですけど、自転車ほどふらふら走るってことはあまりないですね。クルマはどうしても早くゴールに着くのが目的みたいなところがありますから、メインの幹線道路を通る「線のつながり」という印象です。

これに対し、自転車は行動範囲が柔軟で、街が面でつながっていることを実感しやすいように思います。

たとえば・・・

抜け道の発見

幹線道路が渋滞した時、自転車で走って知っている道が抜け道として役に立つことが結構あります。ぜんぜん地元じゃないんですけど、「地元」という感覚で走れるんですね。


新しいお店や施設を発見できる

珍しいものを売っているお店を発見したり、うまいラーメン屋や雰囲気のよさそうなレストランを見つけて、後日家族を連れて行ったりします。

建築工事

建築物を見るのが好きで、特に建築家が設計したと思しき洗練されたデザイン性のある家を見るのが好きです。

更地だったところに、ある日、竹が4本植えられてしめ縄が付いていたりすると、「おっ家が建つのか。どんな家になるのかな」と楽しみが増えます。定期的にそのコースを通り進捗状況をチェックしたりします。

気に入った景色を見つける

やはり何といっても原っぱや海沿いの道を走るときの解放感が最高に気持ちいいです。
ゴルフ場ではありません


本当にこんな砂浜を走ってるわけではないですが

緑のトンネルといった感じの遊歩道では、花や落ち葉などで季節ごとに雰囲気が変わります。
冬は寒風を和らげてくれ、夏は日陰をつくってくれます

職場近くになると一気に都会的な雰囲気のビル街となります。時々CMやドラマの撮影が行われているのを見かけます。
人気ドラマ「ドクターX」では病院になってましたが、本当はビジネスビルです


新たな人との出会いも

遊歩道のコースでは春になってきれいな花がさいていました。でも名前がわかりませんでした。犬の散歩をしていた年配のご婦人に聞いたら「椿でしょう」と教えてもらえました。毎日愛犬のプードルと一緒に1時間近くも遊歩道を散歩されているとのことでした。

海沿いのコースでは、ちょっと停まって海を見ていたりする時に同じように小休止している人と言葉を交わすこともあります。ランナーや自転車散歩をしている人たちに今日は休みですかと聞くと、意外にも私と同じく出勤途中の人が結構いたりします。

朝からこうした自由を楽しむための条件

私の通勤ルートは目的地まで並行していろんな通勤ルートがあって、その点は恵まれていると思います。

買い物などで寄り道するのは夜が多いですけど、気に入った風景を探すのはやっぱり朝の方がいいですね。私の朝活です。朝にふらふらと寄り道するためには、時間の余裕をもって家をでないといけません

自転車通勤ではやはりパンクのリスクについても常に備えておかないといけないので、そういった面からも、時間的に余裕をもって自転車に乗ることが必要ですね。

それから、寄り道といいましてもあまりに遠回りしてしまうと、事故等にあったとき「通勤として想定される合理的な経路とは認められない」と労災認定されなくなるような問題も出てきます。その辺は常識の範囲内で考えましょうね。

基本のルートの選び方について

今回は寄り道をテーマにしましたが、自転車通勤ルートの基本の選び方については別の記事で掘り下げています。

基本のルートがあるからこそ、寄り道は魅力を増すもの。是非そうしたルートの決め方も合わせてチェックしてくださいね!
自転車通勤ルートを探す目的とポイント!オーダーメイドの道を探そう


終わりに

通勤としてブラッシュアップされたコースを毎日走るのもいいですけど、せっかく自転車に乗っているんですから、朝からポタリングってのもいいですよ。

ちょっとのことですが私にとって贅沢な時間です。


以上です。
最後までお読みくださり、ありがとうございました。


スポンサーリンク
Pocket