通勤ルートの途中に、自転車でどう通行したらよいか判断に迷う交差点があります。

図のような交差点でAの地点から進入し直進したいのですが、あいにくと左側の車線が左折専用レーンになっています。
横断歩道もないし、自転車はどこを走ったらよいのかな??と疑問をもったので、いろいろ調べてみました。


スポンサーリンク

対象となる交差点の概要

図を見ていただければわかるように、片側二車線で、左折専用レーン、右折直進レーンがあります。
自転車専用通行帯は少し手前の交差点までは設けられていますが、そこから先、この交差点に至るまでの間は車道の車線数が増えてることもあって、設けられていません。

この交差点に進入するまで左端を通行してくるのですが、Aの地点に至ると、そこは左折専用レーンとなっちゃうわけです。
たまたま、A点から直進できる横断歩道も設けられていないので、歩道を使って直進することもできません。

はて、このまま左折専用レーンから直進してもよいのでしょうか?
はたまた、右側の右折直進レーンから直進すべきでしょうか?


左折専用レーンを直進してよい

結論から言えば、

自転車は左折専用レーンから直進して良いということになっています(一番左の車線が左折専用レーンの場合)。


ではその法律的背景をちょっと見てみましょう。

まず、車両通行帯のない道路(片側1車線しかない)の場合を見てみますと、

自転車は道路の左側端に寄って通行しなければならない
(道路交通法第十八条より)


まあ、ごく当たり前の内容ですね。

一方、問題の交差点の場合は片側二車線以上つまり「車両通行帯が設けられた道路」ということになるんですが、そうした道路を通行するルールとして、法律的には以下のようになっています。

車両は、車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければならない。
(道路交通法第二十条より)


要するに、(車両である)自転車は一番左側の通行帯(車線)を通行する必要があるといっています(補足条項により、自動車(クルマ)の場合は別の通行帯も通れることになっています)。

われはわれはクルマでごく普通に複数の車線を使って走行していますが、基本は左側車線のみ、例外的にそのほかの車線も走ってもよい、ということなんですね。めんどくさい。

問題は、その一番左側の車線が左折専用レーンだった場合、直進したい自転車はどうすればよいの?ということですよね。自転車はクルマのような別の車線を走ってもよいという例外規定は無いのですから。

次のような内容の条文があります。

軽車両等を除き、車両は、車両通行帯の設けられた道路において、進行方向に関する通行の区分が指定されているときは、従わなければならない。
(道路交通法第三十五条より)


逆を言えば、自転車(軽車両)は通行帯に対する進行方向の指定に従う必要がないということです。つまり、「左折専用レーン」だろうと、自転車にとっては「そんなの関係ねェ!」ってことです。

以上のことをまとめますと、自転車は

  • 車両通行帯ナシの道路では、道路の左側端に寄って通行する。
  • 車両通行帯アリの道路では、左から一番目の通行帯を通行する。
  • 進行方向を指定する通行区分(左折専用等の指示)に従う必要はない。
ということです。従いまして、この交差点の場合は、

  • 一番左の左折専用レーンを走行して直進するのが正解。
  • 左から二番目の直進レーン(この場合は右折直進レーン)を走行して直進することは違反。


ということになります。

ただし、左折車の巻き込みには十分に注意を

直進のところに横断歩道が無いこの交差点では、ろくに安全確認せずに左折してくるクルマも多いので、十分注意する必要があります。

このような時は、左折車が途切れるのを待つか、左折車がこちら(自転車)の存在を認識してスローダウンしてくれたら、直進するようにしましょう。

また、自転車は、車両通行帯が無い道路では道路の左側端を走行しなければならないのですが、実は、車両通行帯がある道路では第一通行帯を走行する必要はあるものの、その通行帯内で左端に寄らなければならない、とは道路交通法で規定されていません。

つまり、第一通行帯(この場合は左折専用レーン)の右端から直進することも可能ということです。
(おそらく、車両通行帯がある道路では、クルマはちゃんと車線を移動してから追い越しできるから、自転車は車のために左端に寄ってあげる必要はないということ。クルマ視点で言い換えると、同じ車線の中で自転車のすぐ横で追い越すべきではないと言っているんじゃないかと思います)

実際、私はこのようなケースでは交差点の少し手間で手信号を出して車線の右側に寄って、直進するようにしています。クルマも左折しようとして減速しますのでね。

クルマの間をすり抜けるのもちょっと怖い場合は慎重にやりましょう。左端を走行して、クルマが途切れなければ信号が赤になるまで待ち、赤になったらクルマの前を横切り車線の右端に移動して、信号待ちをするのが良いかと思います。

まとめ

一番左側の車線が左折専用レーンである交差点で直進する場合はどこを走行したらよいの?という問題についての法律的解釈をまとめます。

左折専用レーンであっても、一番左の車線を通行するのが正解。

場合によってはその車線の右端を通行することも可能。

(自転車で片側二車線以上の道路を走行する場合)

(”場合”というのは、例えばクルマの速度が遅くて流れに乗って右に進路変更できる場合や信号待ちのタイミングなどで安全に車線の右端に移動できるような場合があるかと思います)


実際の私のケースでは…

なお、この記事では簡単のため「左折専用レーンでの直進」として話を進めてきましたが、実際の私の通勤ルートでは、ここを右折するんです。なので、この記事のように最初直進して、右に90度向きを変えて、次に右方向の信号が青になってからまた直進するという「二段階右折」をすることになります。(黄色のルート)

また、最初に手前の横断歩道で右側に横切ってから、次の信号で上方向に横断歩道を渡るという方法もとれます。もちろん歩行者最優先で。(赤色のルート)

急いでいるときは信号のタイミング次第で、いずれのルートで通行するか選択してます。

思うに、ここに直進方向の横断歩道が無いのは左折車が多くて歩行者が危ないという背景があるんじゃないかと思います。
実際に、ここでは左折の車両の数が多いし大型車の割合も多いです。多少信号待ちをしてでも、横断歩道を渡っちゃう(赤色のルート)のが安全かもしれません。

法律的なことをつらつら調べてきましたが、法律を守っていれば全ての道路で安全かといえば決してそんなことはありません。無理は禁物。最終的なルールは「安全第一」ですね。

今回は以上です。
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

【自転車通勤とクロスバイクのページ一覧へ】


スポンサーリンク
Pocket