名古屋駅はJRだけでなく、名鉄(名古屋鉄道)、近鉄(近畿日本鉄道)、地下鉄(名古屋市交通局)も乗り入れていて、いうまでもなくこの地域の交通の要衝です。

大規模な駅ですから、多少分かりにくくなっちゃうのはある程度仕方がないこと。案内板には大まかな情報しか表示できないですからね。

こうした大きくて複雑な駅をスイスイと歩くには、「慣れ」とか、「事前の知識」が必要不可欠です。

そこで今回は、特に名古屋にあまり馴染みのない方が、新幹線口またはJR在来線から名鉄までの行く場合を想定して、その「事前の知識」をご提供したいと思います。

といいますのも、私も去年電車で 犬山 へ行ったとき、初めて「名古屋駅で新幹線から名鉄への乗り換え」をしたんですが、迷子になったことがあったからです。「何とかなるだろう」と高をくくって、下調べなど何もしてなかったので…

名鉄名古屋駅
この時、おそらく新幹線からJR乗り換え口にでて、在来線のどこかの通路で迷っちゃったんだと思います。よく覚えてないのですが。

で、駅員さんから、下で紹介している「基本ルート」を教えて頂きました。言葉で説明してもらっただけでしたが、分かり易かったなーという記憶があります。

その後、地元の人から「新幹線から名鉄へ行くならもっと効率的な裏道があるよ」ということで「近道ルート」も教えてもらいました。

基本ルートにはシンプルで分かり易く、応用がきくというメリットがありますし、近道ルートは当然、効率的というメリットがあります。どちらかお好きな方で、スイスイ乗り換えちゃいましょう!


スポンサーリンク



JR名古屋駅の概要

まずは構内図で、JR名古屋駅の概要を頭に入れておきましょう。

一度把握できてしまえば、一見難解に見える大きな名古屋駅も、東京駅や新大阪駅と比べて実はずっとシンプルな構造であることがわかると思います。

名古屋駅構内
この図の上下方向、中央を突きぬける広い通り(中央コンコース)があるのが特徴です。

中央コンコースの上下両端の出入り口付近に、金の時計(桜通口)と銀の時計(太閤通口)というモニュメントがあります。いわゆる定番の待ち合わせスポットですね。

新幹線口南口と北口があります。ちょうど、銀の時計の両側に配置されています。(水色で表されています)

JR在来線の各プラットホームにつながる3つの通路(北通路、中央通路、南通路)が中央コンコースに平行して走っています。(黄色で表されています)JR在来線のホームはこの図では横切っている形になり、各通路の①~⑬の番号で表されています。なお、⑨はありませんが間違いではありません。

名鉄名古屋駅は右上にあります。広小路口そばの別の建物にあり、いったん外にでてから乗り換えることになります。(ピンク色の文字で表されています)


ではまず、新幹線口から名鉄線へのルートを見ていきましょう。その次に在来線からの行き方のポイントを取り上げますね。

新幹線口から名鉄名古屋駅への行き方

冒頭で取り上げましたように以下の2通りのルートをご紹介します。

  • 基本ルート
  • 近道ルート

それぞれ詳しく見ていきましょう。

シンプルで分かり易い「基本ルート」

名古屋JRから名鉄基本
新幹線ホームから階段(エスカレータ)を使って下に降ります。北口に出ても、南口に出てもOKです。

JR在来線への乗り換えではなく、北口または南口の新幹線出口から中央コンコースに出ます(JRの外に出ることになります)。

下の写真は新幹線北口から中央コンコースに出た所です。銀の時計を挟んで、向かい側には新幹線南口が見えています。案内板を見ると「名鉄線」と書かれていますのでこれに従って、左側へ進みます(南口から出た場合は右側へ進みます)。
名古屋新幹線北口
新幹線北口から中央コンコースに出た所

中央コンコースを200mぐらい歩きますと、天井吹き抜けの広々とした広場に至ります。下写真では4本のエスカレータの手前に「金の時計」というもう一つのモニュメントが見えています。

名鉄線へ行くには、この広場の手前で右に曲がります。右に曲がった先の通路は「南北通路」とも呼ばれています。
金の時計
金の時計が見える。ここで右へ曲がる。

南北通路
上の写真から右方向を見たところ。「広小路口」と表示

南北通路
南北通路を広小路口へ向かって進む

南北通路を100mぐらい歩くと、コインロッカーのエリアに突き当ります。
名古屋駅コインロッカー 上の写真の真ん中、指矢印のあたりに小さく公衆電話が写ってるんですが、ちょうどその裏の左手に「広小路口」という建物の出入り口があります。

「広小路口」から建物の外に出て、向かいにある建物(名鉄百貨店)の地下に降りていけば名鉄名古屋駅に着きます。
広小路口の名鉄
広小路口から一度外にでて名鉄百貨店へ

指矢印で示したあたりから、地下に降りる階段があります。これが目的地の名鉄名古屋駅(西改札口)です。

名鉄名古屋駅
この階段を降りると名鉄名古屋駅です


「基本ルート」のポイントは、とにかく一旦中央コンコースに出ることです。

そうすれば、頭上の行き先表示には「名鉄」という案内が表示されているはずですから、その表示に従って進んでいけばOKです。

最短で、無駄のない「近道ルート」

今度はピンク色の矢印で示しますね。

近道ルート
近道で効率的というメリットがありますし、中央コンコースなどとと比べれば人は少ないですから、人ごみの中を歩くのは苦手、という方にもおすすめです。

新幹線の改札としては、北口ではなく、南口 を目指します。上りホーム・下りホームとも、10号車および12号車あたりの階段を下りると、南口に行くことができます。

ここで間違えて北口の方に出てしまったら、もはや近道にはなりません。また新幹線ホームに戻って南口に行き直すのはかえって遠回りです。前述の「基本ルート」に切り替えてしまいましょう。

南口改札では、出口に出てしまわないで、JR線への乗換口に出ます。(新幹線特急券だけを出して、乗車券はまだ手元に残ります)

JR乗換口では、右寄りの改札を出て、ひと気のない細い通路の突き当りを右に曲がります。あるいは、左寄りの改札から直進し、数十mいったところで12番線、13番線へ登る階段の反対方向へ(右折)向かいます。どちらもあまり違いはありません。

細い通路の突き当りが 南通路 です。ここを左折します。

南通路を100mほど進むと、少し開けた場所に出ます。ここら辺で近鉄線へ乗り換えることができます。名鉄へ行く場合は、この広場で右側に曲がって、JRの改札「広小路口」を出ます。

JRの改札「広小路口」を出て左手側に、建物の出入り口の「広小路口」があります。

この「広小路口」を出たら後は先ほどの基本ルートと同じです。


近道ルートのポイントは、新幹線ホームから下に降りる際に、階段を間違えないようにして南口側に降りる、ということです。

新幹線のホームから、「出口(南口)」と書かれた階段を下りていきます。上りホーム・下りホームとも、10号車および12号車あたりにその階段があります。

12号車側の階段には下りのエスカレータが並列されてますが、10号車側の階段に並列しているのは登りのエスカレータです。ご注意ください。

距離と時間は?

基本ルートより近道ルートの方が歩く距離が短いことは確かですが、ざっくり見れば、実はそんなに大差ないです。載ってた新幹線の車両位置によっては歩く距離はほぼ同じですしね。

ざっくりでいうと、新幹線出口から名鉄名古屋駅まではおよそ500mぐらいです。不動産基準でいうところの80mで1分とすると、6分とちょっと。

人ごみの中、見知らぬ通路、大きな荷物といった悪条件が重なったとすれば 7分~10分 ぐらいは見ておいた方がよさそうです。


スポンサーリンク


JR在来線から名鉄に乗り換える場合

JR在来線のホームから階段を下りると、北通路、中央通路、南通路のいずれかの通路を歩くことになります。いずれの場合でも、

  1. 基本的に番号の若い番線の方向に歩きます。
  2. JRの改札を出ます。
  3. 広小路口を目指します。

北通路を歩いている場合は、突き当りのJRの桜通口改札を出て、右に曲がり、あとは金の時計を左手に見ながら「基本ルート」で進んで広小路口を目指します。

中央通路 を歩いている場合は、③④番線あたりのJR中央口改札から中央コンコースに出ます。以降は「基本ルート」で進んで広小路口を目指します。


運よく(?)南通路 であれば、すでに先ほどの「近道ルート」どおりに進んでいることになります。JR広小路口改札を出て、広小路口へ行きます。

両ルート3

広小路口から外に出る時、雨が降っていたら?

JR名古屋駅の広小路口と名鉄百貨店の間は距離にして数十m程度ですが、横断歩道も通ります。屋外ですから、雨が降った時は濡れないか心配になりますね。

でも大丈夫。横断歩道の上にも屋根が架かっています。でも高い屋根ですから、横風が強い時はちょっと心配ですけどね・・・

名鉄名古屋駅
横断歩道にも屋根が架かってます

コインロッカー情報

以下に新幹線から名鉄名古屋駅に向かう間にあるコインロッカーの場所を示します。4カ所あります。

名駅コインロッカー
名古屋駅のコインロッカーには各場所にモニターがあり、空いているコインロッカーの場所を知ることができます。うろうろ空きロッカーを探して歩き回る必要がありませんので、とても便利です。

コインロッカー空き情報モニタ
”コインロッカー空き状況のご案内”


まとめ

JR名古屋駅から名鉄への乗り換え方法を2種類ご紹介しました。
■新幹線からの場合
基本ルート:多少遠回りですが簡単確実。一旦中央コンコースに出るのがポイント。

近道ルート:無駄なく早く着く。多少マニアック(?)なので、人ごみを避けることもできます。新幹線南口に出るのがポイント。

■在来線からの場合
基本的に番線の若い方向に進み、JRの改札を出て、広小路口を目指します。


名古屋駅は中央の広いコンコースが自由通路になっていて、その両側に駅だけでなくレストランなどの商業施設が配置されています。この構造は今では日本各地の駅で見られるものですが、ここがその発祥の地とされています。

このように歴史のある名古屋駅ですが、今またリニア中央新幹線の乗り入れに関連した工事が本格化しており、その姿を大きく変えつつあります。

そのため、書かれた内容と違ってくる可能性もありますのでその際はご容赦ください。

まだまだどんな姿になるかわかりませんが、もっと使いやすくて便利な駅になってくれるといいですね。

スマホ片手に散策
今回は以上です。
最後までお読みくださり、ありがとうございました。


スポンサーリンク
Pocket