バナナ
子供が小さかった頃、特に車で長距離移動する時なんか、バナナはとっても重宝してました。ちょっと小腹がすいたときでも、テーブルも果物ナイフも不要で、手も汚れずさっと食べられるので。

でも、さっちゃんみたいに、小さな子だと丸々1本は食べきれなかったりするし、お子さんが二人だったりすると、半分こにしたい場面が結構あるんじゃないでしょうか。

そんな時に役に立つ方法として、バナナの両端を手でもって、エイヤっと左右に思いっきり引っ張れば真っ二つになるという裏技 がネット上で紹介されてたりしますね。車の中なんて包丁もないですから、この裏技はとても重宝しました。

ただ、この思いっきり引きちぎる方法ですと、真っ二つとは言いながら、場合によっては、左右不均衡というか、大きさがアンバランスに切れてしまうことが結構あるんですよね。バナナの形が左右不均衡ということもあるのでしょう。

これではお子さん2人だときょうだいゲンカになりかねないです。できれば、本当に狙ったところで真っ二つにしたいですよね。

それに、お子さんが3人の場合や、長いバナナの場合は、半分ではなくできれば三つに分けたいこともあるかと思います。


今回は、このような要望にも応えられる、さらに進化した方法 をご紹介したいと思います。

よろしかったら試してみてくださいね!


それにしても何で「半分って言うんだろう・・・とりかえっ、かけっ とかも謎。
スポンサーリンク

狙った場所で素手でバナナカットする方法

エイヤッで左右に思いっきり引きちぎる方法 は確かに便利で画期的な方法だと思います。最初に知った時には目からウロコで感動しました。

今回の改良点は、この裏技に以下の1ステップを追加することです。

爪で少しキズを付ける。

これだけ。

切りたいところに爪でキズをつけます


全周キズつける必要はなく、ちょっとだけでOK


左右に引っ張ればちゃんとキズの所でバナナカットできます

“思い切り”やらなくても切れます。と言いますか、逆に勢い良くやりすぎると、想定外の所で切れてしまう可能性がなきにしもあらずかな。


動画を見れば一目瞭然かと。(0分23秒)




二等分でも三等分でもOK!

今回の方法を使えば、自分自身で納得のいく場所に印をつけてカットできるので、期待通りの「真っ二つ」にできます。端から三分の一、三分の二の位置を順に狙っていけば、動画のように 三等分だって可能 です。

小さなお子さんでもできる!

キズがついたところが破断のきっかけになります。そこからバナナの皮の繊維が裂けてくれるので、力も、思い切りも必要ありません。

だから勢い余ってヒジを壁にぶつける心配もありませんし、小さなお子さんでも簡単にできますよ!


お試しあれ。






今回は以上です。
最後までお読みくださり、ありがとうございました。


スポンサーリンク

Pocket