リモコン三枚おろし もう10年近く使ってきたリビングの液晶テレビ(2011年製の東芝REGZA)のリモコンが壊れました。ある日突然にではなく、ジワジワと悪化してきた感じ。

具体的には、電源ボタンの感度が悪くなり、ONでもOFFでも、5秒ほど長押ししないと効かないという状態になっちゃいました。

全く機能しないわけではないのですが、こういうのって地味~にストレス感じますねぇ。電源の入り切りぐらいだったらテレビ本体のスイッチでも操作できるのですが、リモコンに慣れた身にはこれもめんどくさい。


純正リモコン(CT-90389)はネットでも購入可能で、新品で2,342円でした(Amazonの場合)。

このストレスから逃れるためには買っちゃうのが手っ取り早いかな・・・とも考えましたが、セコイ性格の方が勝ちまして、今回は修理する方向で模索してみました。


で、結論から言うと、
自分で修理し、見事に復活しました!

ボタンの感度が鈍って長押ししないと効かなくなったな~とお悩みの方は、とりあえずご一読を。新しいリモコンをポチるのはそれからでも遅くありませんよ!


スポンサーリンク


問題の切り分けをする

不具合の原因は色々考えられますので、まずは問題の切り分けから試みました。

他のボタンは特に問題なかった

不具合があったのは電源ボタンだけで、幸いにも、他のボタンは特に問題ありませんでした

このことで、かなりの故障要因を排除できます。

リモコンの電池不良

電池は一番の「リモコン不具合あるある」ですが、他のボタンはちゃんと機能しますから、今回は電池が犯人じゃないですね。

念のため、電池の接点が錆びていないことを確認の上、新しい電池に交換して試してみましたが、案の定、変化ありませんでした。

■ 一般にどんな不具合が考えられる?
  • 電池がへたった
  • プラスマイナスのいれ間違い
  • 電池の液漏れ等で接点がさびている
など

リモコンの設定の問題

一般的に、複数台のテレビをそれぞれのリモコンで操作できるよう、複数の「リモコンコード」が用意されています。当然ながら、リモコンとテレビのコードが合っていないと、操作できません。

それが何かの拍子で変わってしまった可能性も考えられますが、今回は他のボタンが使えることから、リモコンコードも問題ないはずです。

■ 一般にどんな不具合が考えられる?

リモコンコードは、初期設定のまま使われているケースがほとんどだと思うのですが、仮に設定を変更して使っていた場合、電池を抜いた時などに初期設置に戻ってしまうことがあるそうです。

全てのリモコンボタンが使えなかったなら、これも疑うべきポイントです。

受信側(テレビ本体)の問題

原因はリモコンだけじゃなくて、テレビ本体側にある場合も考えられます。ですが、これも他のボタンが使えてるわけですから、まあ、可能性は低いでしょうね。

もしあるとすれば、電源ON/OFFの機能のみ、テレビ側で正しく動かないということになりますが・・・正直、あまり考えたくないというのが本音です。とりあず、頭の隅っこに。

■ 一般にどんな不具合が考えられる?
  • 受光部の前に障害物がある
  • 別の強い光がリモコン受光部にあたっている
  • 本体の電源が「切」になっている
その他、お子さんがいるご家庭でしたら、受光部にシールなどを貼られることもあるかもしれませんね。知っててイタズラする確信犯も含めて。

赤外線が出ているかを確認する

リモコンの不具合の際、ぜひ確認しておくべきなのは、赤外線がちゃんと出ているかどうかです。これ、人間の目では直接見えないんですけど、スマホを使えば簡単に確認できるんですよ。

赤外線の送信部はリモコンの先頭にあります。スマホのカメラ(デジカメでもok)で見ると次の写真のように光るのが分かります。
リモコンの発光部
■ なぜリモコンの光は目では見えないけどスマホでなら見えるの?

人の目には可視領域があって、領域外の波長をもつ赤外線を見ることができません。しかしスマホのカメラで使われている画像センサーにはそうした可視領域の制約が無いので、光のエネルギーを受光すれば電気信号に変換されることになります。

その電気信号を可視光としてモニタ表示することで、人間は赤外線を「見る」ことができます。
(ただし、一部のスマホ、リモコンではこのような方法で光が見えない場合もあります)


実際に試したところ、問題のないボタンは押すとすぐ光るんですが、問題のある電源ボタンは、すぐには光らず、長押ししたら、やっと光りました。
電源ボタン
やはり電源ボタンを押してもすぐには光らない…


というわけで、リモコンでの発光が異常(長押ししないと光らない)だと判りました。先ほど頭の隅にひっかかっていた、「受信側(テレビ本体)の問題」への疑いはとりあえず晴れたと考えてよさそうです。


これで真犯人はリモコンに絞られました。

スポンサーリンク

結局、ボタンの接触不良が最も疑わしい

おそらくですが、リモコンでそれぞれのボタンが押された信号を処理する電気回路は共通のはず。だとすると、電源ボタンにおける不具合(接触不良など)が一番疑わしいと考えられます。

ただ、いつも同じように長くボタンを押しさえすれば必ず赤外線は光る(機能する)ことから、電線が切れているとか、ボタンのスイッチが壊れているみたいな、通常の接触不良とはちょっと違うんじゃないかなという気もします。

これはちょっと中身を調べてみないと判らないなーということで、分解してみることにしました。


※ 以下、分解してみた体験談になります。いったん分解してしまうと、メーカーの保証対象外となる可能性があることをご承知おきくださいね。

とりあえず分解してみた

分解に先立ちまして、不慮のショートを避けるため、まずは電池を外しておきます。

リモコンの電池を外す
外観をざっと見てみましたが、ビスのようなものは一切見当たりません。これはもう、はめ込みになってるんでしょう。こじ開ける以外になさそうです。

下手すればケースが破損して割れてしまう恐れもありますが、イザとなれば新規購入することを覚悟の上、ツッコミどころを模索。

どうにか、わずかなすき間にドライバーの先を突っ込み、すき間を広げることに成功しました。

リモコン分解
全周にわたって慎重にパコパコと外していくと、フタを外すことができました。少しこじ開けたところが傷ついてしまいましたが、まあ、割れはしなかったので良しとします。

ボタンの部分って、全部連結しているんですね。一体型のゴムシートでできてました(下の三枚おろし写真の真ん中)。

リモコン三枚おろし

よく見ると液体みたいなものが…

よく見ると、ゴムシートの下のプリント基板の表面が濡れて光っているようです。

油脂が析出
なんだこれは・・・気持ち悪っ!

ということで、ネットで調べてみたところ、どうやらこれは人の手からでた油脂成分が析出したもののようです。しかも、これが接触不良の原因で、拭けば直りますよ、との先駆者たちのありがたい情報がありました。

確かに、電源ボタンのあたりが一番汚れているようです。他のボタンのところも汚れていたので、今は問題なくても、いずれ他のボタンも故障する運命だったのかもしれません。

それと、基板表面だけでなく、シリコンゴムシートの裏側にもべったりと油が付いていました。

修理(綿棒でのお掃除)

リモコン基板掃除 綿棒にアルコールを付け、基板表面と、ゴムシート裏面をきれいに掃除しました。どちらも電流が導通する部分ですので、キズつけないよう、やさしく。

ついでに、ゴムシート表面の、ボタン間の溝にもごみがだいぶ溜まっていましたので、こちらもきれいにしておきました。

ゴムシートの表も掃除 とりあえず再び組み立ててみて、電池を入れ、動作確認。

電源ボタンはかつての反応を取り戻し、サクサクと働くようになりました!!


スポンサーリンク

今回の故障のメカニズム
-なぜ長押しで動いたのか?-

今回のリモコンの故障は、ネット上の先輩方の情報を頼りに解決に至りましたが、まだちょっと腑に落ちないところがあるので、さらに調べてみました。

ご興味がありましたら、もう少しお付き合いくださいね~

リモコンボタンの構造

リモコンのボタンって、最初は一つ一つが個別のスイッチ部品が付いているのかなと想像していたのですが、分解してみたら違ってました。

調べてみると、今どきの一般的なテレビリモコンの「ボタン」は横から見て次のような構造になっているようです。

リモコンボタンの構造
表面の一体型ゴムシート(絶縁性シリコンゴム)によって、押し下げるクリック感と、戻る動きが得られます。そしてゴムシートの裏面にはボタンごとに導電性シリコンゴムが付けられており、これがボタンの押し下げによって基板上の回路パターンの接点に触れて導通することで、ボタンの「ON」を検知するというわけです。

実際の基板上のパターンをよく見ると、迷路のコースみたいになっているところは、左右の電極が互いに折り重なるような形になってます。ここに何か導電性のものが触れるとこの電極間で電流が流れるんだろうなと推測されます。

一般に、基板表面の回路パターンは、レジストという絶縁性のある保護材で表面処理されます(下写真の下部の緑色の配線部分なんかがそう)。しかし、左右の電極部分などの表面は黒っぽくなっているので、何か導電性のあるもの(カーボンかな?)で表面処理されていると思われます。

リモコンボタンの電極

なぜ油脂が溜まったのか

シリコンゴムには、耐久性に優れているといったメリットの他、透過性が高いという特徴もあります。

これが油脂を通しやすいということにつながります。長い期間に渡ってボタンを押し続けた結果、指の油脂が導電性ゴム部と基板の間に析出したのでしょう。

故障のメカニズム

油脂による接触不良 もうお分かりと思いますが、この油が絶縁物として働いてしまったのですね。

一般に、油は絶縁性が高い物質です。これは水などと比べて電解しにくい性質があるためです。

ボタンを押し下げると、通常は導電性ゴムと基板上のパターンが接触して電流が流れるのですが、その間に油膜があるとその絶縁性のため、電気が流れません。しばらく長押し続けていると、圧力がかかった部分の油が移動して、通電するようになったと考えられます。

おわりに

純正品の販売サイトのレビューを見ると、どうも同じような症状で買い替えた方が少なくないようです。すべてとは限らないでしょうが、同様のアプローチで修理できるケースも多いのではないでしょうか。


今回の場合は、長い期間をかけて溜まった油脂が原因だったと思われますが、ジュースなどをこぼしたりした場合は、短期間で同様の故障が起こるかもしれません。

対策としては、カバーとか、ラップを巻いておくということぐらいですかね。

しかしそれもうっとうしい。修理の方法は簡単だったし、次回も同じように直せそうなので、とりあえずこれからも普通に使っていこうかなと思います。



今回は以上です。
最後までお読みくださり、ありがとうございました。


スポンサーリンク
Pocket