エスカレータで片側に立つ
少し前に、駅で「エスカレーターでは歩かず、両側に立って乗りましょう」的なキャンペーンが行われていました。

マスコミやニュースなどでも取り上げられて、インタビューされた人が「歩く派」とか「立つ派」などとしてコメントしてましたね。


確かに、身体的な都合でいずれかの手すりにつかまるのが困難な人もいるし、荷物で狭くなったスペースを無理やり歩かれると、身の危険を感じることもあります(特に下り)。みんな歩かず立って乗る方が、安全でやさしい乗り方だなと思います。

ということで、エスカレーター乗り方キャンペーンで、「危険防止」や「バリアフリー」といった趣旨で説明されるのは納得できます。


でも、「片側空けて歩くより、両側に立った方が効率的」と言われると、???と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

立ってじっとしているより、歩いた方が効率的じゃないの?って気がしませんか?


試しに身の回りの老若男女にヒアリングしてみたところ、半分以上の人が「よく判らない」か、「輸送効率は歩く方が良いでしょ」という印象を持っているようです。

でも原理的に、
輸送効率では、
「両側立ち ≧ 片側空けて歩く」

なんです。


これを説明するためには、大掛かりな実験や、シミュレーションも計算も必要ありません。

うーん、なんで??と思われた方、本当に簡単な理屈ですので、おつきあいください~。

スポンサーリンク


「片側空けて歩く」が「両側立ち」に輸送効率で勝てないワケ


それは、次のような理屈からです。

  • 輸送効率は、乗り場でどれだけ詰めて乗れるかで決まる。
  • 歩くには、立つよりも前後に空間が必要である。
  • ゆえに、「両側立ち ≧ 片側空けて歩く」である。

「輸送効率」とは、「単位時間あたりに輸送できる人数」として考えることができ、それはつまり「単位時間あたりに乗り込める人数」でもあるわけです。エスカレーターの途中で人が増えたり減ったりすることは無いわけですからね。

立って乗る方は、朝の通勤時でも、間に1段空けて乗るのが一般的かと思います。つまり、一人当たり2段の空間が必要です。

もちろん、詰めようと思えば、各段に次々と乗ることも可能です。でもそれだとかなり窮屈だから、親密な人同士でない限りはそこまで詰めて乗ることはないでしょう。

歩く方は、前の人の足にぶつかるから、各段に乗るのは不可能。歩くかぎりは、最初の踏み板に足を乗せた次の瞬間に、次の1歩を踏み出す場所がクリアである(つまり、前の人の足が残っていない)必要がありますから。

でもそれだけだと、歩くにはかなり窮屈な感じです。それでは前の人が突然止まるとぶつかってしまう恐れがありますので、実際はもっと間を空けるのが一般的でしょう。

ですから、歩く場合は、乗り込むときに右足と左足で2段分以上の空間が必要ということになり、
単位時間あたりにエスカレータに乗り込むことができる人数(つまり輸送効率)としては、立って止まってる方が絶対に有利なんです。

乗り込んだ後で、駆け上がろうが、投石器みたいなもので人を飛ばそうが、はたまた転送装置で瞬間移動しようが、この「単位時間あたりに処理できる人数」(輸送効率)に対してはアドバンテージになりません。

というか、そんなことをするともっと前後に空間が必要になるでしょうから、輸送効率という面では逆効果です。

ちょっと意外な気もしますね。


一般に、単位時間あたりに処理できる量を「スループット」と言い、それを支配する部分を「ボトルネック」と言います。

スループットはあまり馴染みがない言葉かもしれませんが、ボトルネック(あるいは単にネック)の方は日常会話でもたまに使われる単語だと思います。

上記で「乗り場で決まる」と言っているのは、暗にこの部分が一番のボトルネックになっているという想定があるからです。仮に、降り場の方で渋滞しててつっかえてるなら、そこがボトルネックになって輸送効率が決まります。


逆にガラガラの場合、エスカレーターの速度に対する乗車人数が少なくて、来た人がどちらの列にもどんどん乗れる時は、この勝負は互角になります。このケースではエスカレータ―に乗る前にボトルネックがあるので、その後の乗り方の違いによる差が表れないのです。

バケツリレーで考えてみる

バケツリレー 消火活動のためには、如何に沢山の水を効率的に運ぶかが重要です。(この場合、運ばれる水の量輸送される人数に相当するとお考え下さい)

このような場合、ひとりひとりがバケツを持って池から消火地点までを往復するよりは、バケツリレーをする方が効率的です。

バケツリレーをする側は、バケツの移動は遅いですけど、池から水を汲み出して次々と渡していく部分が効率的なので、スループットが高まります。

バケツリレーをしない側は、、いくら足の速い人を集めたとしても、池から水を汲むところで人の入れ替わりなどでバタバタしてしまっては(ボトルネックが細くなっていれば)、運べる水の量でバケツリレー組に勝つことはできません。

シミュレーションの例

この課題に関してシミュレーションでアプローチしている外国のニュース記事(クリックで別タブが開きます)があります。

記事内にアプリがあって、自分で試すことができます。スライドバーで混雑度を設定して、その場合に輸送できる人数がカウントされるというものです。やってみるとなかなか面白いですよ。

スライドバーを設定する度に、人数が0からカウントし直しされます。最初のうちは「片側歩き」の方が人数が多かったりすることもありますが、しばらくして落ち着くと「両側立ち」の方が逆転する結果になるんですね。

ガラガラな時だけ、互角なのですが、混雑度が増してくると必ず「両側立ち」の方が勝つようになってます。おそらく、シンクロして密着して歩くなんてのは現実問題として想定外なんでしょうね。



このシミュレーションに対して、ネット上では「間をあけすぎ。東京ではもっと詰めるからこうはならない」という意見もみられます。

でも、上の説明で明らかなように、東京のサラリーマンがロンドンより詰めて歩いてるとしても、立つ場合より輸送効率が高くなることはないはずです。


スポンサーリンク

「効率的」という言葉の二面性

しかし、
以上のような説明をされても、まだ受け入れにくいというか、モヤモヤしている方もいらっしゃるかもしれませんね。

このモヤモヤの原因は、たぶん「効率的」という言葉に、二面性があるからだと思います。

上記で論じていたのは、あくまでも「輸送効率」であって、全体的な処理能力にフォーカスするものです。

要するに早く乗客全員をホームから移動させることを目的とするような、いかにも鉄道事業者が考えるような全体効率の論点です。

一方、個人個人の「効率的な移動方法」を論じるのであれば、もちろん、早く目的地に着くためには「エスカレータ―を歩く方」が効率的、ということができます。

エスカレータ―の速さ+歩く速さ で、階段を歩くよりも、またエスカレータ―で立って乗るよりも、早く目的地に着けます。

単に「どっちが効率的か」というだけでは、こちらの個人的な移動効率の論理で考える人がいてもおかしくはないでしょう。

だから、何を達成するための「効率」か、ちゃんと定義しておかないと、議論がすれ違ってしまいます。

「両側に立って乗りましょう」とキャンペーンポスターが貼ってあるけど

以上の理系的考察もふまえて、駅などで見かけるエスカレーターの乗り方キャンペーンについて、社会学的に(?)少し考えてみたいと思います。


「エスカレーターは両側立ちで乗るべきか、歩く人のために片側を空けるべきか」

それは 多様な視点 のある非常に難しい問題だと思います。



いろいろな立場や状況を、想像も含めて、以下に挙げてみます。

利用者の立場
駅で電車に間に合わないからと一秒でも早く急ぐ人もいれば、歩く列だからと仕方なく歩いている人もいる。

自分は急がないから急ぐ人を優先させてあげようと道を譲る人、後ろからの圧力が怖くて仕方なく譲る人、歩かなくて済むなら一歩でも歩きたくない人もいる。

体力がある人、無い人。身体的事情から、歩いたり右あるいは左に立つのが困難な人もいる。

争うのが嫌いな人もいれば、血の気が多い人もいる。

事業者(鉄道会社など)の立場
特に列車のダイヤが込み入っている時間帯は、すべての乗客を早く移動させないとホームに人があふれてしまうから、あくまでも輸送手段として、全体的な輸送効率を上げたい。もちろん安全が最優先、と呼び掛けている。

エスカレーター製造者の立場
建て前としてなのかもしれないが、歩くことを想定して作っていないと主張し、安全のために歩かないよう呼びかけている。

おそらく、技術的にできないというよりは、その方がコストが低く抑えられるし、「歩行を前提とした安全基準を守りなさい」などの法的規制等が無い限りは、現状のようなスタンスになるのは致し方ないと思われる。

人が動くことを前提とした安全基準って、すごくハードルが高くなると想像できる。

設置している施設の状況
設置場所が駅か空港かショッピングセンターか、病院か、公共施設か。これによって急ぐ人の割合、運動能力や年齢層、荷物の大小がさまざま変わってくる。

エスカレーターそのものの状況
運転速度、横幅、長さ、並列する本数、近くにエレベーターや階段があるかなど。

混雑状況
ラッシュ時か、閑散期か。

・・・など、など。
エスカレーターを取り巻く環境は本当に多種多様です。


例えば、火事の時なら、輸送効率が高いバケツリレーの方が良いでしょう。一方で命を救うための輸血を、たった1パックでもいいから一刻も早く手術室に届けたいのなら、足の速いランナーに走ってもらった方が良いでしょう。

でもみんなそんな共通の目的意識を持ってエスカレーターに乗ってるわけじゃないし、エスカレーターの設置環境だって様々。


つまり、場合によって、個人的な移動効率が許容されるか、全体的な輸送効率を優先すべきか、画一的な正解は無いのではないでしょうか。


そのようなカオスな状況の中、最適解ではないかもしれないけれど、一つの局所的な合意として、現在は片側立ちで歩くという乗り方がマナーとして浸透しています。日本だけのガラパゴス文化ではでなく、外国でも同様です。

それをキャンペーンポスターだけで「利用者の乗り方マナーはこれです」と訴えたからといって、短期間に自然に合意形成ができるとは思えません。「急ぎたい」という欲求を全員に対して抑え込ませることは難しく、絶対に不満をもつ人がいるでしょう。

エスカレータ―すべてを一絡げにして、「乗り方のマナーはこれです」などと決めてしまうのはいかがなものかなと思います。



もちろん、危険を誘発するような無理な通行はいけない、というのが大前提ですよ。

「急いでるからって、歩道で歩行者を押しのけたり、スピードを出して自転車に乗ってはいけない。許可された場合のみ、徐行させてもらっている」のと同じくらい、自明なマナーだと思います。

場合によっては何らかの誘導が必要なのでは

しかし、歩く方がガラガラで立つ側が異常に混雑している時だけは、何とかしてもらいたいなと思います。

これ、特に長い登りのエスカレーターで顕著ですよね。

長いと歩く人は少ない


長いエスカレーターですと、ずっと歩いて登っていくのは体力が必要。チャレンジャーが少ないので、歩く側はガラガラになってしまうのに対し、もう一方の立つ側は下に人が滞留して行列というばかげた状況になりがちです。

それに万が一、接触して転倒などの事故がおきたとしたら、長さが長いほど被害も大きいでしょうから、安全上も何か対策してしかるべきかと。。



ところで、話題のスマホの新製品が発売される時など、徹夜組がでてニュースになるほど長い行列となったりしますよね。普通、この手の行列は人々のマナーに任せて放置されているでしょうか?

そんなことをしたら近所迷惑で大ヒンシュク。まともな販売店だったら、秩序だった行列となるよう、人を使って誘導しているはずです。


駅などでも同様ではないでしょうか。

人々は自分の周りしか見えていませんし、まずは自分の事情を優先して考えがちです。また、歩いた方が全体的な輸送効率が良くなると信じているのかもしれません。

鉄道会社が、アリバイ作りのためだけでなく、本気で混雑時に安全でかつ輸送効率を上げたいと考えているのであれば、マナーに訴えるだけでなく、コストが多少かかってでも、なんらかのコントロールや誘導が必要ではないでしょうか。


コントロールの方法としてはいろいろあるように思います。例えば・・・

  • 複数台あればどれかを「歩行可」あるいは「歩行不可」に設定する。
  • 呼びかけ誘導員を乗り場に配置。
  • 適宜、ペースメーカー係員(立って乗り、歩きをブロックする役割の人)を搭乗させる。

など。

呼びかけ誘導員の人は、乗り場で両側立ちを呼びかけるだけでなく、将棋倒し防止のためにスペースを空けるという誘導もできるでしょう。

その誘導に実力行使が伴ったのがペースメーカー係員というイメージです。もちろん、立って乗るのは通常は「歩く」とされる側です。また、身体的事情から通常と同じ側に立てない人がいれば、そのリクエストに応じて個別にサポートすることも可能でしょう。

ひょっとしたら最初は血の気の多い乗客が怒鳴ったりするかもしれませんが、業務として行うことだし、乗客の多くには理解が得られるのではないでしょうか。

後ろからあおられる恐れがある

こうした誘導もなく、個人個人の意識に任せていたのでは、乗り方を変えるのは難しいと言わざるを得ません。

エスカレーターの片側空けって、もう何十年もやられてきたことですから、なかなかみんなの意識が一斉に変わることはないでしょう。啓蒙活動って、徐々に意識が変わっていくのを期待する方法だと思いますが、この場合、それだと難しいと思うのです。


一方で、「ファーストペンギンになりましょう」(リンク先はNHKのサイト)といった呼びかけもあります。

ガラガラの歩きの列に自ら進んで立って、全体善をめざそう!という話は、渋滞してる高速道路などの合流において、ファスナー合流(ジッパー合流)を実践する(リンク先は当サイトの関連記事)のと少し似ているところがあると思います。

でも、エスカレーターでのファーストペンギンって、ファスナー合流でのそれより、もっと勇気というか覚悟みたいなものが必要になると思うのです。

なぜなら、エスカレーターでは後ろからあおられる恐れがある から。

“二人目が続いてくれるとは限らない”というリスクはどちらも同じなのですが、ファスナー合流では、道を譲ってくれた”優しい車”が後ろにつきますから、あおられる心配はまずあり得ません。


実際、エスカレーターで、あえて歩く側で通せんぼ行動をとる人がいて、後ろから歩いてきた人と「どけ・どかない」の揉め事になるといった事例があるようです。


エスカレータ―では後ろから歩いてくる人間を選べないですから。何より小心者の私にはとても無理だろうなあ・・・

スポンサーリンク

おわりに

今回は、エスカレーターの輸送効率について考えてみました。

輸送効率(スループット)は、乗り込み後の移動速度によらず、乗り場(ボトルネック)でいかに詰めて乗り込めるかで決まる。

歩くには、立つよりも前後に空間が必要である。

したがって 両側立ち ≧ 片側空けて歩く である。

ただ、これはエスカレーターに求められる事のひとつである「全体的な輸送効率」を語っているにすぎません。

たかが動く階段。発明されてからかなりの年月がたってますが、乗り方のマナーはまだまだ発展途上のようです。



今回は以上です。
最後までお読みくださり、ありがとうございました。


スポンサーリンク
Pocket