自動車整備工場
私、けっこう以前からネット通販をよく利用してましたけど、クルマのタイヤはずっと実店舗で購入・取付けしていました。

タイヤを安く買えるのは良いけど、↓のようなよくわからないことだらけで、取付けの手配とかが面倒そうだし、不安だし、なかなか手を出せずにいました。

  • 取付店はどうやって見つけるの?
  • 営業時間内に電話で申し込まないといけないの?
  • 相場がわからん。交渉とかマジ不安・・・
  • 安くても、古かったりキズモノだったらどうしよう

車検を前にして、セレナの夏タイヤが限界に近づいてました。車屋さん(ディーラー)は、「これじゃ車検通らないですよ」と言い、「今、タイヤお安くなってますよ」と準備よく見積もりを出してくれるんですが、やっぱり高い。。。

ハイマウントストップランプの交換(別記事)なども重なって、車検前の財政は苦しい状況になっていたので、思い切って、タイヤの通販サービスを使ってみることにしました。



第三者的な口コミ・評判や経営母体などをいろいろ検討した結果、安くて使い勝手が良いと高評価が多かったのが、今回ご紹介する TIREHOOD(タイヤフッド)でした。


試しにセレナで利用してみたところ、評判通りの満足感を得られたので、ひき続き家内のデイズのタイヤ交換でもリピートさせてもらいました。


今回は、このTIREHOODにつきまして、実体験に基づくリアルな感想とメリット・デメリットについて語ろうと思います!

タイヤを安く簡単に取り替えたいとお思いなら、ぜひチェックしてみてください~


スポンサーリンク


TIREHOODの概要

TIREHOODとは、ざっくり言うと、
  • 「タイヤ購入」と「タイヤ交換予約」を一度にでき、
  • あとは予約した店舗にいくだけ
のワンストップのタイヤ通販サービスです。

口コミを見ると、サイトの使い勝手の良さを評価する人が結構多いです。

提携する取付店は全国で約4,700カ所で、業界最大規模。近くの取付店舗を選んで、希望の日時で取付予約することが可能です。
(※2020年11月現在)

扱うタイヤメーカーは国内外の主要ブランド。タイヤの品質管理に対する自信の表れか、販売するタイヤのすべてにパンク保証サービスが付いています(これ、なかなかすごいことです)。

運営するのは株式会社BEAD(ビード)というところで、オートバックスと三菱商事グループの関連会社カーフロンティアが各50%出資しており、身元は確かなようです。

>> TIREHOODの公式サイト

メリット・デメリット

実際に利用してみての感想から、TIREHOODのメリット・デメリットをいくつか挙げてみます。
TIREHOODの、というよりはネット通販としての宿命のような項目もあります。

■ メリット
  1. 費用が安い
  2. 簡単で便利
  3. 安心感がある

■ デメリット
  1. 予約は1週間~10日以上先じゃないとできない
  2. タイヤの選択は自己責任
  3. タイヤの製造年は指定不可


メリット① 費用が安い

すべてひっくるめての費用を比べると、有名な全国展開のカーショップより、ざっくり数千円から1万円ぐらい、ディーラーより、2万円近く安くなる感じです。

実際に、デイズのタイヤ交換の際に比較検討した結果は、次のようになりました。タイヤ購入から、取付けまでの全体の費用です。
(サイズ 155/65R14で、ブリジストンの NEXTRY を4本の場合。価格は税込みです)

取扱店 費用全体 備考
ディーラー 43,520円 送料不要
某カーショップ 28,000円 送料不要
TIREHOOD 24,200円 送料が必要
(左記に含まれる)

割合で表しますと、
ディーラーを 100% とするならば、
カーショップが 64%
TIREHOODが 56%
ということになります。

取付け料金はあまり優劣がつかないのですが、タイヤ代がかなり違います。軽自動車であるデイズの場合でこんな感じですから、もっと大きなタイヤの場合、もっと費用の差が大きくなるはずです。

※タイヤ代について

デイズのタイヤサイズは 155/65R14というもの。選択したタイヤはブリジストンのNEXTRYです。国産で、そこそこのグレードとして「一番人気」とされてるタイヤです。

このタイヤが、TIREHOODでは、タイヤ4本で9,240円(1本で2,310円/税込み)でした。

価格comで調べたところ、最安値のサイトとの差はわずか10円でした(検討当時)。ほぼ最安値と言ってもよいでしょう。

ちなみにディーラーでの見積もりでは、4本で33,000円(1本で8,250円/税込み)でした。かなり違いますね。

※送料について

ただし、注意しなければならないのは、TIREHOODの場合、別途送料がかかることです。

露店の店舗在庫を持たないことでコストを下げ、タイヤの価格が抑えられているのですが、その一方でそれぞれのユーザーの元に送る(正確には取付店に送る)必要があり、送料が発生してしまいます。

送料として、1本あたり1,100円で、4本で4,400円かかります。(離島への送付や、大型タイヤの場合ですと追加料金が発生する場合があります)

ネットショップによっては「送料無料」としているところもあるので、実質的な費用を正しく比較するには、この送料ってやつもちゃんと計算に入れる必要がありますね。

ディーラーやカーショップ等では、個別に送ってもらうというよりはお店に在庫している商品を販売する形なので、個々の送料は不要です。

※取付料金について

取付料金に関しては、この三者で同様な金額でした。ほぼ固定費+人件費なので、さすがにここでコストを下げるのは難しいんでしょう。


TIREHOODの取付料金は、全国の提携店で一律となっており、10,560円です(記事作成時点/タイヤ4本/16インチ以下の場合)。

ただし、オートバックスで取り付けてもらう場合は例外。取付料金は 13,200円(同上)とやや高くなります。追加のサービスとしてチッソガスを入れてくれるそうですが、ネームバリューによる安心料も入ってるかもね。


TIREHOODの取付料金には、具体的に以下のものが含まれます。

  1. タイヤの脱着
  2. タイヤとホイールの組み換え
  3. バランス調整
  4. ゴムバルブ交換
  5. 廃タイヤ処分

取付に必要なものがすべて含まれていますので、基本的に取付店で別途費用を追加請求されることはありません。

詳しくはこちら↓
>> TIREHOODのタイヤ交換方法、料金などについて

メリット② 簡単で便利

口コミには、簡単で便利という評価が目立ちますが、確かにその通りに感じました。

サイトの使い勝手が良い

サイトの画面がとてもシンプルで分かりやすいです。

そして特筆すべきは、ユーザーをサポートする情報がとても充実していること。

ヘルプガイド というFAQのコーナーでは項目数が豊富で、内容も分かりやすいです。また、それでも不明な点は、ホームページからチャット(Lineのトークみたいなイメージ)で個別に質問することもできます。


タイヤ選び については、「ベストセラー」、「人気商品」などのおすすめの他、ユーザーによるレビューもあります。

また、次のようなタイヤの特徴がアイコンで示されており、タイヤ選びの参考になります。

タイヤの特徴 内容
低燃費 JATMAラベリング制度で転がり抵抗性能A以上で、ウェットグリップ性能がa~dの範囲内にある低燃費性能に優れたタイヤ
ミニバン ミニバン、SUVなどの重心の高いクルマ向けに専用設計され、ふらつきを抑制するなど快適性に優れたタイヤ
プレミアム 高速安定性や静粛性、乗り心地をハイクオリティで実現した各タイヤメーカーの最上級タイヤ
SUV/4WD SUV、4WDに向けに設計されたタイヤ。オンロードタイプ、オフロードタイプ、双方に対応するオールラウンドタイプがあります
スポーツ 高速走行性、操縦安定性などハンドリング性能を追求した運動性能重視のタイヤ
ランフラット タイヤ空気圧がゼロになっても、一定距離を走行することが可能なタイヤ。ISO技術基準では「空気圧0kPa時に80km/hで80km」まで走行可能と定められています。
ホワイトレター タイヤ側面(サイドウォール)のメーカーやブランド名などが白く着色されたタイヤです。
ブラックレター サイズによってホワイトレターとブラックレターの設定がある商品の場合に識別のために表示しています。


値段しか載ってないようなサイトが多い中、こうしたユーザーをサポートするための情報を多く提供してくれるのは大変ありがたいことです。


取付店舗を選ぶ画面でも、地図で示してくれるので、家から近くの店舗が分かりやすいですし、口コミや☆の数もとても参考になります。

試しにお近くの取付店舗を探してみませんか?↓

>> お近くのTIREHOOD提携店舗を調べてみる

リアルの取付作業が簡単・便利

タイヤは予約当日までに取付店に送られていますので、手ぶらで、車で乗りつけるだけです。

提携する取付店は全国で約4,700カ所(※)で、業界最大規模。(※2020年11月現在)

地方によっては少ないところがあるのは、まあ仕方がないところではありますが、徐々に拡大中です。


取付店に対する口コミには、特に作業時間の短さを評価するものが多いでようです。

キャッチコピーとして、「待ち時間ゼロ。取付最短30分」とうたっていますが、実際、その通り。私が利用した2回とも、しっかり30分程度でした。

メリット③ 安心感がある

次のような点で安心感があります。

  • 運営会社
  • 料金が明解
  • 進捗状況など密に連絡くれる
  • 地元の店舗が選べる
  • パンク保証

運営会社の血統

前掲ですが、オートバックスと三菱商事の関連会社が運営している、というネームバリューは安心感があります。

料金が明解

取付料金が全国一律、と明解なのも安心です。

それから、これは何気にありがたいことなのですが、TIREHOODでは、タイヤの選定から、取付店舗の選定と希望日時の選定まで、すべて納得してから注文を確定する(個人情報の入力や支払いが発生)なので安心です。

つまり、「決断」のクリックは最後なので、自分にはメリットがないと思えば途中でやめればOK。


タイヤ販売と取付店舗の予約が一緒にできるサイトは他にもありますが、タイヤだけ最初に注文させられて、取付店舗の選定や予約はその後、というものがあります。

これですと、タイヤの注文を確定する時にまだ取付店舗の予約ができていないので不安になりますし、後で取付店舗を選ぶ段階で不満があっても、既にタイヤを注文してしまっているので、妥協するしかなかったりします。

進捗状況など密に連絡くれる

注文完了すると、リアル店舗の取付まで、段階的にいくつかメールが送られてきます。

「ご注文ありがとうございます」
「発送準備に入りました」
「商品発送完了のお知らせ」… 発送会社と伝票番号もわかるので自分で追跡可能
「明日はタイヤ取付予定日です」

といった感じのメールがたくさん来て、商品の動きや取付内容の詳細を確認できるので安心です。また、予約日を忘れてしまった!ということも防いでくれます。

パンク保証

そしてこれが、私が個人的に最も評価するポイントなのですが、販売するすべてのタイヤに6か月間のパンク保証(ベーシック保証)が付きます

詳しくはこちら↓
>> TIREHOODのタイヤ保証について

パンクしたタイヤを同じもの、もしくは同等クラスの製品と無償で交換してもらえます。

偶然の事故のほか、ありがたいことに、人為的にパンクさせられた場合でも対象となります。


さらに、4本以上を購入する場合、有料で「プレミアム保証」を付けることができます。保証期間がベーシック保証の4倍の24か月になるなど、保証内容が手厚くなります。

ただし!!

交換・修理後に申し出をした場合、他店で代替タイヤを購入した場合はパンク保証の対象となりませんのでご注意ください。
タイヤがパンクをしたら、まず最初にTIREHOODに連絡を。


スポンサーリンク


ここまでTIREHOODのメリットについて書いてきましたが、それだけでは単なるヨイショ記事になってしまいます。私がデメリットと感じた点についてもお伝えしますね。

デメリット① 予約は1週間~10日以上先じゃないとできない

取付け日時は、1週間から10日ぐらい先(時期や店舗によって異なります)じゃないと指定できません。

当日とか明日なんてのは無理です。タイヤの在庫をもっている、カーショップやディーラーでは問題ないことなんですけどね。

TIREHOODはタイヤを送る必要があるので、どうしてもある程度の日数が必要です。輸送上の遅延なんかもマージンとして織り込んでおかないといけないでしょうから。

ただ、レビューなどを見てると、お店によっては、直接交渉で日程の前倒しに応じてくれるところもあるようです。

その他、どうしても予定が入ってしまって日取りを変更してもらいたい場合など、店舗との交渉になると思います。

デメリット② タイヤの選択は自己責任

わかりやすいガイド・情報は提供されていますが、タイヤを最終的に選ぶのはもちろん自己責任です

もし万が一、タイヤサイズを間違えてしまったら・・・おそらく交換はしてくれるとは思いますが、往復の送料は負担しなければならないでしょうから、大変です。

リアル店でなら、自分のクルマを見てもらって、タイヤサイズの判定ややおすすめのタイヤ情報などを得ることができますね。特に初心者の方やクルマにあまり詳しくない人には、リアル店員さんのアドバイスは無くてはならないでしょう。

デメリット③ タイヤの製造年は指定不可

基本的に、製造から2年以内の商品で、適切な状態で管理された新品であるとのことです。すべてのタイヤにパンク保証を付けているのはその自身の表れということなのでしょう。

ただし、何年の何月のタイヤにしてほしい、といった指定をすることはできません。

実店舗であれば、目で見て製造年を確認して、その実物を購入することができるんですけどね。

ちなみに、2021年9月に取り付けたデイズのタイヤですが、3本が2021年6月、1本が2021年5月 でした。

さすがに人気のタイヤだけに、新鮮なものを付けてもらえたようです。

■ タイヤ製造年週の確認方法
デイズのあるタイヤには、EL8V JEH2521 と EL8V JEH1921 というマーキングがありました。

この、「2521」または「1921」が製造年週を表します。例えば前者の場合、2021年の25週目(つまり6月)であることを表しています。


まとめ

TIREHOODのサービスは、私がタイヤのネット通販に対して抱いていた不安をすべて解消するもので、かつ、価格、利便性とも大変満足のいくものでした。

メリットとデメリットをもう一度まとめます。

■ メリット
  1. 費用が安い
  2. 簡単で便利
  3. 安心

■ デメリット
  1. 予約は1週間~10日以上先じゃないとできない
  2. タイヤの選択は自己責任
  3. タイヤの製造年は指定不可

とりあえず、サイトから、タイヤ選び、取付店舗の検索、予約日時の選択などを試してみたり、金額を出してみてはいかがでしょうか。きっとその価格にびっくりしますよ・・・

>> TIREHOODの公式サイト


今回は以上です。
最後までお読みくださり、ありがとうございました。



タイヤ交換




スポンサーリンク

Pocket